ESL (第二言語としての英語) 学習

ESL (第二言語としての英語) の教育は、NYLLC の教育の歴史において最も長く続き、最も重要な要素の 1 つとなっています。ESL は、基礎英語能力の骨格の役割をします。NYLLC の ESL では、英語の実用的な使用の重要性に強調を置いて、 徹底的な言語の集中訓練の機会を多文化の移民学生全体に提供しています。

NYLLC の ESL の学生は、学生生活の多くの面を強化することを目的とした学習のコースに従事しています。学生生活が影響を受ける領域は、他の学術環境、社会環境、および専門的環境または仕事環境などです。

学生が可能な限り最も高い英語の習熟レベルに達するため、ESL の修正プログラムは 5 つの集中レベルで構成しています。学生の進歩は、適切な習熟レベルのテストを通して絶えず正確に評価されます。

ESL コースの提供物は、特に NYLLC の多様な学生全体の学業ニーズを満たすよう作成されたカリキュラムを特長としています。これらのコースは、特に発音と読み書き能力に焦点を当てています。集中訓練の必要性が高い学生は、最初はレベル「A」とレベル「B」の科目に登録されます。より上級の学生は、より高いレベル (C、D、または E) に配置されます。

学生は、習熟度を基に特定のレベルに配置されます。この習熟度はテストで判断されます。学生は、学習と成長を示す成績を適切に分配するインストラクターによって評価されます。

成績付けの構成要素には、文法、オーラルコミュニケーション、リーディング、ライティング、および統合された言語スキルが含まれます。必要な構成要素のいずれかが満たされていない場合、学生はコースを繰り返す必要があります。しかし、3 つ以上のカリキュラムの構成要素において学生が進歩がなく、満足するレベルで行う能力がないことが実証された特別なケースでは、コースからの退去となります。

試験の全体スコアから、次の制約により適切なレベルの ESL プレースメントの測定を行います。学生は、英作文 I を取る許可を得る前に適切なレベルの ESL をすべて完了している必要があります。

レベル 説明
レベル A
(各コースは 3 時間です (卒業単位に含まれません))

ESL リーディングスキル - レベル A
ESL ライティングスキル - レベル A
ESL 文法スキル - レベル A
ESL オーラルコミュニケーションスキル - レベル A
統合言語スキル - レベル A
ESL 学習におけるレベル A のカリキュラムは、英語コミュニケーション能力が非常に限定された学生向けに明示的に設計されています。これらの学生は、集中的なコンポーネントベースのカリキュラムに没頭します。このカリキュラムは、読み書き、文法の適用、統合言語スキル、およびオーラルコミュニケーションを強調しています。
レベル B
(各コースは 3 時間です (卒業単位に含まれません))

ESL リーディングスキル - レベル B
ESL ライティングスキル - レベル B
ESL 文法スキル - レベル B
ESL オーラルコミュニケーションスキル - レベル B
統合言語スキル - レベル B
このレベルの ESL コースに登録した学生は、単位を取得するコースを取ることは一切許可されていません。ESL プログラムのレベル B カリキュラムに登録された学生は、過去に基本の文法文書、簡単な文の作成が導入され、困難を伴って英語でコミュニケーションをしたことがある学生です。
レベル C
(各コースは 3 時間です (卒業単位に含まれません))

ESL リーディングスキル - レベル C
ESL ライティングスキル - レベル C
ESL オーラルコミュニケーションスキル - レベル C
統合言語スキル - レベル C
レベル「C」のコースに登録された学生は、特に必要性を明確にはっきり話し、短い総合的な作文を書くことにおいて一定の英語の習熟度に達しています。このレベルの ESL コースに登録した学生は、単位を取得するコースを取ることは一切許可されていません。
レベル D
(各コースは 3 時間です (卒業単位に含まれません))

ESL ライティングスキル - レベル D
ESL オーラルコミュニケーションスキル - レベル D
レベル「D」に登録された学生は、英語学習においてほぼ流暢な習熟度に達しています。これらの学生は、快適に話したり書くことができ、母国語から英語にたやすく遷移できます。

学生は、最大 6 単位の学習プログラムを取ることができますが、高度な英語コース (英作文など) またはリーディング集中コース (ミクロ経済学など) は取ることができません。レベルl D の ESL の学生に対する適切なスケジュールは、登録時に決定します。
レベル E
(各コースは 3 時間です (卒業単位に含まれません))
レベル「E」の ESL プログラムに登録された学生は、本科の学術科目の要求に対し特に準備する 1 コースのみを取ります。特に、基本的な小論文作成方法およびライティングプロセスについて学ぶことに従事します。

高度な ESL ライティングワークショップ

このレベルに配置された学生は、英作文 I を取る前にこのコースを完了する必要があります。

当校の ESL プログラムの価格と開始日に関する詳細情報については、 当校にお問い合わせください